早いもので、シンガ生活 3年目☆


by IMI-830
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年 12月 21日 ( 1 )

あぴあぴツアー その2

さて、「マレー文化村」を出発、バスに揺られること1時間弱。
着いたのは、コタ・ ・・・・・・・忘れちゃった~!
コタはマレー語で「街」という意味、「高いところにある」「街」という意味の、
コタ‘ナントカ‘に到着。
(ちなみにツアーの‘あぴあぴ‘というのはマレー語で‘火、灯火‘という意味だそう)

ここで、まずは腹ごしらえ。川岸近くの中華レストランで、夕食(ツアー代に込み)。
小奇麗、とはいえないけど、ホーカーに慣れた身には全然問題なし。お味も日本人の口に合います。欲を言えば、ちょっと量が足りなかったかなー。

お腹を満たしたあとは、川岸に出て、小型のモーターボートに乗り込んで・・・
いよいよ、出発!いい感じに暗くなってきました。夜風も気持ちいい~
バスに乗ってる間、何度か雨が降ったので心配したけど雨も大丈夫そう。
思ったより広い川幅の両岸にはマングローブの森が広がってます。街からどんどん外れるにつれ、電気がないのでもう真っ暗。ガイドのおじちゃんに「見れるよね?」と聞くも、「運いい、見れる。運悪い、見れない」とそっけない返事・・・。

しばらく進むと・・・「いたっ!」「どこっ?」・・・・確かに少~しなにか光ってるような。
え~、でも、こんだけ?  

・・・・と思ってたら、その近くに蛍の大群発見!「きれーい!ほんと、クリスマスツリーみたい」
なんでも、蛍がたかってるのはある1種類の木だけで(暗くて違いがよく分からないけど)、他の木には止まらないんだとか。だからまわりの木は真っ暗なのに1本だけがきらきらと光が点滅しててまさに天然クリスマスツリー!

船頭のおじちゃんがぎりぎりまで船を近づけてくれたので手で包み込むように捕まえることも。
髪や服にとまって点滅する蛍を間近で見ることができました。感動!
蛍っててんとう虫くらいの大きさのイメージだったけど、ここのは小さい~。米粒くらい?
こんなはかない虫が健気に体を光らせてるのね・・・。なんだか愛おしいわ。

対岸の方にも何本か天然ツリーを発見。やっぱりボートを近づけてくれます。
あと、木の上に野生のサルがいたのも、おじちゃんがライトを照らしてくれてみることができました。楽しかったー。

帰りのイミグレも、シンガのホリデー前だったにもかかわらず、わりとスムーズ。
10時半にはマンダリンに到着。半日のマレーシアトリップ、なかなか充実でした♪

追伸: ビデオ&デジカメ、暗すぎてやっぱり全然とれません~。
     一応ビデオ撮ってみたけど、真っ暗で「わーきれい」とか声だけ(笑)
[PR]
by IMI-830 | 2007-12-21 12:16 | シンガポール遊ぶ